読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエットに挑戦しませんか?

痩せる。それこそは日常をより幸せにする素敵な方法

ダイエット・モチベーション

 

Jリーグ公式サイト

今シーズンはどこが勝つ?1ステージ制。

2017/03/12 16:10

 

f:id:ictana:20170314130502j:plain

ダイエットノート術してますか。ダイエットに関するあらゆること、生活習慣とうを記録し、傾向を知りつつ、どうすることが可能か考え、決断をするのです。これが駄目ならあれを行うといった具合に、手を変え品を変えダイエットを行うのがいいと思います。

 

いくつかのダイエット法をローテーションしていく、レパートリーを増やしていくといったことも可能かもしれません。気付いたことのうち、楽しめるものだけをノートに記録していくのです。楽しめるのが重要ですから、これを重視します。

 

楽しめるようになったら、少しずつレベルを上げていきましょう。一気に負荷を上げるとよくありません。ですが、すぐにはダイエット方法を変更したりせず、様子を見ましょう。ダイエットは案外効果が出るものです。やれば痩せます。

 

その逆もまたしかりで、ダイエットしなければ痩せません。努力をどの程度できるのか、よく考えてみましょう。このように、研究をするのはいいことです。自分の体質や性格を熟知するために、よくメモを取り、ここまではできる、という限界を見出します。この限界を上げられたら、何歳だろうと成長します。

 

副鼻腔から出る液体を吐くのが、ダイエットには重要かもしれませんね。車を運転していたりすると、少しずつ出てくるやつです。風邪を引いているわけでもないのに出てくる液体。実は黒かったり、赤かったりします。何というのでしょうね、あれ。

 

副鼻腔を刺激するには、スポーツ、とりわけ球技は効果的です。テクニックよりも戦術を重視したトレーニングを積むことで、副鼻腔を刺激することが可能になります。副鼻腔から出る液体を出せば、身体は活性化します。運動に勉強に頑張っていた頃の、アクティブな自分が取り戻せるのです。

 

あとは食事制限ですね。これはいい方法があります。お酒ではなく水分を摂りながら食事をするのです。これは効果的です。胃の中で個体の隙間に液体が入り込み、一時的な満腹感が得られるのです。満腹感を何らかの方法で得るのは重要です。どうにかして、お腹いっぱいになりましょう。

 

実は、血糖値を下げたりすると、一時的に情緒不安定になります。そのときを乗り越えると、もう大丈夫。不安感や倦怠感を乗り越えたら、未来が待っています。頑張ってください、皆さん。苦しみを乗り越えるのです。

 

副鼻腔を刺激することによって、次第に活性化された身体が自然になります。その折に生まれた精神的な傾向を理解し、何らかの趣味に挑戦するのがいいかもしれません。頑張りましょう。

ダイエットは好きか?

 

Jリーグ公式サイト

今シーズンはどこが勝つ?1ステージ制。

2017/03/12 16:10

 

ダイエットは好きか?卒業の日を目指して、頑張ろう。あなたの卒業がいつになるにせよ、そのときは必ずやって来ます。ダイエットを終了する日が来るのです。必ずやってくるのですよ。そうしたら、考えるに至るのです。わが人生、ダイエットありきと。そして生き、やがて死すのです。

 

楽しみつつダイエットをするには、能動的である必要はあるでしょうか。元気で、決まり事を守りつつ、生活している、充実した人たち。ダイエットがしたいと思えば、即座に行い、完了し、卒業できる人たち。そんな人たちは、笑顔に包まれています。あまり周りにはいませんが。成功体験があるのでしょう。

 

成功体験。そのものズバリ、成功した体験を持っていること。更にいえば、それがポジティブに作用していること。ダイエットでいうと、見事目標となるダイエットというか、一定のダイエット効果が認められたことでしょうか。これは強力なモチベーションとなってくれるでしょう。ダイエットが苦しいとき、くじけてしまいそうなとき、ダイエットの成功体験が思い起こされ、よし、もう少し頑張ってみようと思うのです。

 

これは全部の分野にあれば最高ですが、そう簡単ではありません。僕もプロサッカー選手の夢を諦めた一人です。あの時の苦しさときたら、ゲーセンで100円あっさり失ったときのようでしたよ。この困難を思えば、ダイエットなんて苦じゃありませんから。大丈夫です。皆さんダイエットできますよ。楽しみを残しておくのがいいでしょう。楽しいことを最初にするにはもったいないと考え、最後にとっておくのです。最初は辛い方から始めましょう。

 

楽しんでダイエットするコツは、ノートにどうしたら楽しめるかを書くことです。しかし、僕の体重は現在80キロオーバー。どうしようと思う日々です。困難を感じています。ダイエットは正直、厳しいかなあ。体重管理の方法は体質にあったものがいいでしょうか。楽しむダイエットを行うには、どうするか。増減のグラフは基本。定規とノートの用意は基本です。

 

しかし、勉強でも、ノート作りに注力し過ぎると、肝心の成績が落ちる、という話もあります。ですから、バランスです。あら、またタイトルと違うこと書いちゃいましたね。これはご愛敬ということで、楽観的に考えています。つい熱がこもっちゃうんですよね。ですが、ダイエットは不思議と効果のある人がいます。驚くほど痩せる人が実際に存在するのです。ダイエットという単語は、机上の空論ではないのです。皆さん、頑張りましょう。

ダイエットを成功させる

ダイエットとはなんぞや

ダイエットを成功させる秘訣。それは継続すること。継続が重要です。計画を立てるのはいいかもしれません。向こう何年も続けられることなのか。記録を取るべきではないのか。きっとそうなんだと思います。しかし、ダイエットにそこまでする?と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

そうですね。ダイエットにそこまでするのか。ノートを作り、記録を取り、勝ち負けなんて言ってましたね。これは本当に実現可能なことなんでしょうか。もしそうなら、喜んで勧めますが。しかし、記録が蓄積され、反省を繰り返して、今度はああ記録しようとか、こう行動しようとか考えるのもいいかもしれません。

 

反省は大事です。経験則を補い、今後につなげるのですから、成長曲線を描けること必至です。良いダイエット習慣のためにも、是非、記録を取りましょう。もしかしたら、投げつけたくなるノートになるかもしれませんが、あるいは、大切な自分だけのノートになる可能性もあるのでは?

 

食べなければ痩せる。よく言いますね。しかし、僕の場合ですが、食べないと恐怖感を覚えるのです。死ぬ。死んでしまう。一食抜いただけで、心臓がどきどきします。であればこう思うのです。明日からはしっかり3食食べようと。

 

3食食べる人の方が、寿命が長いって話、聞いたことありませんか?こうしたデータは研究機関が行っているので、ずいぶんと信ぴょう性があるらしいですよ。そうしたデータというのは、いくらかありますよね。実践してみましょうか。

 

痩せるのは難しいかもしれません。ですが、太ると顔の形まで変わってしまいます。これは悲しいですね。僕なんて、明らかに漫画の主人公に慣れる顔ではないですね。残念ながら。街を歩いても、振り返る女性なんて、皆無です。なんと、この2年、一人いるかいないかくらいです。

 

まあ、出歩くこともあまりないんですけれどね。外見だけでも、誰かと取り換えたいくらいです。それにしても金持ちってすごいですね。自分の記憶を脳内からロボットの頭脳に移動させ、永遠の命を得ようというのだから。何にお金を使うのかは金持ちの自由ですが、これはすごい。宇宙に行きたいなんてまだ序の口ですね。恐ろしい話です。

 

しかし、感情をなくしてしまうロボットになって、何になるというのか。生きる喜びを見出せないまま、誰も愛することなく、終焉を迎えてしまうのでしょう?それだったら、痩せて人生を楽しむのがいいかもしれませんね。たまになら、ケーキを食べようとかいうのが、案外生きがいだったりするんですよ。