読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエットに挑戦しませんか?

痩せる。それこそは日常をより幸せにする素敵な方法

ダイエットする意義

f:id:ictana:20170309122007j:plain

 

Jリーグ公式サイト

今シーズンはどこが勝つ?1ステージ制。

2017/03/12 16:10

 みなさん、ダイエットノートをつけていますか?副鼻腔ダイエットしていますか。これは重要です。副鼻腔を刺激するダイエットをすることによって、身体が活性化します。それに成長もします。大人になっても、中年になっても。

 

成長なくして幸福なし、とは誰が言った言葉でしょうか。僕です。そんなことより、ノート術には様々な応用を利かせていきましょう。ダイエットをすること、どうダイエットをするか。何を代わりの楽しみとするか。ダイエット自体をどう楽しむか。

 

くだらないダイエットというのは、究極的にはないのかもしれません。何かのショックで食べなくなる人もいるかもしれませんし、痩せる原因は人それぞれ、様々です。この人それぞれというのは、案外大切かもしれません。ノートに記録してみましょう。自分の限界値とか、そうしたことです。それを維持すること。限界を知ること。限界を認識すること。それが楽しむコツになるという点に及ぶと、少し混乱するかもしれませんが。

 

少し誇張気味でしたでしょうか。しかし、実際のところ、このようにしてダイエットを明確に、する!として行うのが重要です。なんとなく、流しながらダイエットをするのはいけません。仮に野球を学生時代にやっていた、とかであれば、バットを取り出して素振りする、とかでいいのではないでしょうか。

 

テニスラケットでも、なんでも運動することです。ダイエットが無数に存在するのは、それだけ人間の体質は多様だというのも一因ではないでしょうか。飽きるというのも、トレンドというのもあるのでしょうが、要するに、楽しくないのではないでしょうか。

 

楽しめなければ、継続なし、とは誰が言った言葉でしょうか。僕です。体重が減れば、きっと幸せになれます。この幸せをどうにか維持したいものですね。ですが、何か問題を抱えていて、ダイエットどころではないという人は、その問題解決から入るといいですね。本当にそういう人、いるでしょうから。

 

入院していた頃、ひたすらチョコレートを食べる人というのが病院にいました。人って、本当に違うものですね。これがいい、というダイエット法が枚挙に暇がなく、次々と雨後の筍のように現れます。そんな中に、楽しさを追求するものが増えてきましたね。辛いだけのダイエットを誰がするのか、ということでしょう。この難しさをどう考えるのか。

 

ダイエットは、普遍な人間のテーマなのです。そう、ダイエットはもはや、哲学なのです。