読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエットに挑戦しませんか?

痩せる。それこそは日常をより幸せにする素敵な方法

ダイエットのやる気

f:id:ictana:20170312153408j:plain

ダイエットは苦しいものです。しかし成功報酬があります。それが素晴らしさではないですか。そのうち、毎日ダイエットを心掛けていると、美味しい物にさえ、嫌悪感が生まれてきますよ。そうなったらシメシメですよ。

 

ダイエットは素晴らしいことです。ノートを充実させるばかりか、困りながら悩みながら、新しい自分を創造していくことが可能です。学生時代にスポーツや勉強に明け暮れていたけれど、今はボーっとしている、という方、太ったらダイエットをお勧めします。

 

ダイエットは、やる気が大切です。その楽しさはより奥深く、文化的で、どちらかというと勝ち負けの要素も備わっています。自分に負けた時ははっきりそうノートに書きましょう。今日はこれくらい食べちゃった。自分に負けた。勝ったときも書いていいかもしれませんね。

 

勝ったときも書くのは大切です。成功体験を積み重ねるためです。勝ったとはすなわち、楽しめた、痩せた、食べなかったとか、そうしたことを指します。楽しめたでいいんです。これで十分なんです。いいでしょうこれで。

 

可能性は広がるのが、副鼻腔を刺激するダイエット法です。これは脂肪の燃焼を活性化し、非常に有益なダイエット法です。是非実践してみて下さい。1日30分もやれば、ダイエットは十分。たったこれっぽっちでいいんですよ。何なら20分。いや10分でも、ダイエットをすると効果が出ます。

 

脂肪を燃焼する、副鼻腔を刺激するダイエットには、必要なことがあります。知的刺激を受けることです。良い刺激が一番いいですが、美味しい、きれい、それに感情が大きく動かされること。これが一番重要です。感情が伴えば、副鼻腔が刺激されて、ダイエット効果の第一段階となる、脂肪の燃焼が起こります。人間の体というのは、やはり生命ですから、単に脂があって、それにこのくらいのエネルギーを加えるとこのくらい燃焼する、という杓子定規なものではないのです。

 

そして、ダイエットというのは、楽しむべきものでもあります。ノートにダイエットの効果を記し、それを眺めて楽しむのです。そのためのノートと言っても過言ではないでしょう。一冊、一冊で結構です。一冊ノートを書きあげる間には、あなたもダイエットマスターになっているでしょう。

 

ダイエットを楽しむ方向性に、導かれていただけたでしょうか。ダイエットが楽しいものだということに、気付いていただけたでしょうか。こんなにも素晴らしいダイエットを、みんなでやれば辛くない、です。