読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエットに挑戦しませんか?

痩せる。それこそは日常をより幸せにする素敵な方法

楽しんでダイエットしているかーい

f:id:ictana:20170313180407j:plain

ノート術ダイエット、してますか。副鼻腔ダイエット、したことありますか。どちらもお勧めですよ。副鼻腔ダイエットを知らないという方。これは知的、精神的刺激をもたらすことによって、副鼻腔から出てくるドロッとしたのを吐き、精神面と肉体面を活性化させて、より効率よくエネルギーを消費する、というものです。

 

ダイエットよりまず、この副鼻腔を刺激するのです。といっても、綿棒とかでつんつんするのではないですよ。技術の習得とか、様々なことで副鼻腔は刺激できます。人間の身体というのは、単に脂を燃やして、そのカロリーを測定するといったことではなく、情緒やそうした精神的な要因からくる反応とか、そうしたことで変わります。

 

ですから、努力次第では誰しも痩せることができますし、その最適な方法こそが副鼻腔ダイエットなのです。この副鼻腔を刺激するには、車の運転もいいですが、料理を自分で作って食べるとか、それも料理本よりは、自分の感覚を養う形がいいと思います。

 

学生時代、運動と勉強を同時にこなす日本の教育制度は、実は人間の身体には非常によく、副鼻腔を刺激するようになっています。水泳も泳げる方はいいですが、川は駄目。危ないですからね。プールなどで泳ぎましょう。実はここだけの話、極度に美味しい料理も効果的ですよ。

 

刺激です。ピリ辛でなくていいです。美味しい、楽しいが童心に帰ったつもりで、我を忘れて没頭できる事柄を得られれば、きっと副鼻腔は刺激できます。この副鼻腔を刺激するダイエット法は、知らず知らずの間に行うことができます。

 

何でもいいんです。野球でももう少し守備率を上げたいとか、打球の軌道をよくしたいとか、そうしたことで楽しめるようになるのです。技術が伸びる過程で副鼻腔は刺激されます。ですが、時折厳しい現実を突きつけられた瞬間に、副鼻腔から激しくドロッとしたものが噴き出る時があるのです。

 

これは鼻水ではありません。副鼻腔からの刺激で、これを吐いた人ほどものを覚えやすくなるでしょう。知識はあっても、実践となると言葉よりトレーニングとかですよね。そうすると副鼻腔の刺激は重要になるのです。これを行っていれば、杓子定規にカロリー計算をする必要はなくなります。

 

しかし、妄信は禁物です。この副鼻腔ダイエットにも、限界や弱点があります。その点は考慮に入れる必要があるでしょう。このダイエット法の弱点は、ネタが尽きる点にあります。ネタが尽きて、これ以上伸びないと自覚したとき、成長は止まり、副鼻腔の刺激は収まります。もういいと思ったら、そこまでです。