読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエットに挑戦しませんか?

痩せる。それこそは日常をより幸せにする素敵な方法

ダイエットを研究する

f:id:ictana:20170312153408j:plain

ダイエットを研究する。結構大変ですが割と面白い方法で、自分の体質を事細かに知ることです。これを食べると太る、という仮説を立て、それを立証すべく食生活を調整していくのです。食ですから、一番何とかなりそうにないですが、一番の太る要因です。

 

食事こそ太る。副鼻腔を刺激して、痩せる体質を手に入れたら、今度は背中抜きに挑戦しましょう。これまた人間の特性で、背中の骨が抜けて数分だけ安静にしていれば、そのうち背が高くなる、というものです。歩くときに両足を均等に使い分けるなどするのが、効果的ですが、サッカーは利き足を練習してから反対の足で蹴ってみる、ほかのスポーツも同様で、要は利き腕、利き足の反対を使うのが大切です。背中が抜けると、足が最終的に長くなりますが、その過程で胴が短くなります。足長ダイエットなどと呼ぶべきでしょうね。

 

誰しも、理由もなく、突然コトコトと背が低くなった経験がありませんか?あれは背中が抜けたのです。少し安静にしていれば、そのうちどういうわけか分かりませんが、足が少し長くなります。これを続けることによって、ダイエット効果が得られるというものです。

 

足が長くなると、スタイルが良くなりますから、必然的に体質改善につながります。背が低いままで終わることは絶対にありませんから、安心してください。但し、腱よりも骨の方が早く成長するため、少しつま先立ちになります。成長期の子供に見られる立ち方です。あれは問題ありません。

 

ダイエットにも年齢は関係ありません。いくつになっても副鼻腔は刺激されるし、同様に背中も抜けていきます。何歳になっても背中さえ抜ければ、足が長くなるのです。スポーツ選手のスタイルがいいのは偶然ではありません。

 

競技を通じて、副鼻腔が刺激され、背中が抜けて足が長くなっているのです。背中が抜けるよう促すトレーニングは種々の競技にそれぞれ存在しますから、スポーツをしたことのある人なら経験済みという方もおられるでしょう。要は刺激を与えることです。

 

食事でも同様に、副鼻腔を刺激することができる場合があります。但し、極度に美味しい物でなくてはなりません。いつも食べている味よりは、食べたことのない中で、美味しいものを食べるといいです。しかし、繰り返しになりますが、極度に美味しいことが重要です。中年以降になって久しぶりに副鼻腔が刺激されると、場所を問わず大便を催しますからご注意ください。