読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエットに挑戦しませんか?

痩せる。それこそは日常をより幸せにする素敵な方法

食習慣に頼らないダイエット

f:id:ictana:20170313180407j:plain

副鼻腔ダイエットは、食習慣だけに頼らないダイエットです。そして、多くのメリットと、わずかなデメリットが混在し、人間であるが以上、是非お勧めしたいと考えていますが、難しさはあります。楽しむことがダイエットにつながる一方で、厳しさもあるのです。

 

まず、脳をしっかり刺激できる自分なりの材料を見つけます。それが肝です。脳に働きかけて、楽しくダイエットするのです。高度で楽しく、高揚感に満たされるダイエットを探しましょう。見つけられたら最高です。

 

見つからなかったらどうしようもありませんが、車の運転を日常的にしている人は、少し違う道を通ってみるとか、高速道路で少しだけ、本当に少しだけスピードを出してみるとか、そうしたことでも脳に刺激が行き渡り、ダイエット効果が表れます。是非試してみて下さい。

 

楽しめる趣味を見つけた方は、勝ち組です。しかし、アクションとか、連続性とか、知的な負荷を大事にしましょう。ただ漠然と趣味をこなしても、ダイエットは成功しません。そればかりか、ストレスになっていく一方です。楽しめるものを、ライフワークを。

 

そう、行動規範になる趣味を楽しむのが、副鼻腔ダイエットの骨子です。副鼻腔を刺激し、高度な趣味を模索する。最低限のお金をかけられる趣味にして下さい。それがあなたに一番合う、最も楽しい趣味なら最適です。複数の趣味を持ちたいところですが、まあ、二つまででしょうか。

 

時間もありませんし、お金も無尽蔵の人ばかりではないでしょうから、趣味の数は制限しましょう。スマホでネットというのは地味過ぎて、少し脳を刺激するには不足かもしれません。それでも副鼻腔が刺激されるという方はラッキーです。

 

趣味は抱えられる数に限りがあります。僕はサッカー、音楽、ゲーム、パソコン、その他が趣味ですが、どれ一つとして満足していません。これではいけませんね。たくさんの趣味の中で、どっぷり浸かれるものを、とことん没頭しましょう。

 

副鼻腔ダイエットは、スケジュールを気にしていても成り立たないダイエット法です。時間を忘れて没頭できる趣味が一番です。これこそライフワークというものを探して下さい。仕事が趣味という方は、少し問題ありです。個人裁量が生きればいいのですが。

 

自己の判断に左右される結果がある趣味を持ちましょう。そして、没頭しましょう。楽しく、継続できる趣味。飽きっぽい方は、これでもかというくらい趣味をローテーションしましょう。可能な限りでいいですから。