読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエットに挑戦しませんか?

痩せる。それこそは日常をより幸せにする素敵な方法

ダイエットに首ったけになる方法

f:id:ictana:20170313180407j:plain

ダイエットに首ったけになる方向性で行える、副鼻腔ダイエット。これは脳内を経験とか、体験とか、感動であるとか、そうした心の変化によって刺激し、副鼻腔を刺激して、体調を整えようというダイエット法です。人間は、トレーニングによって伸びます。

 

それは知識とはまた違う、経験とも違う感覚です。副鼻腔を刺激したからにほかならないのです。趣味をどんどん楽しむだけで、幸せに生き、感動を手にし、ダイエット効果まで得られて、お得なダイエット法です。この感動を一緒に体験しませんか?

 

方法は簡単。趣味を見つけるだけでいいのです。趣味のレベルを上げる。趣味を奥深いものにする。趣味をとことん楽しむ。これが重要です。厳しく顔をしかめる必要はありません。リラックスを心掛け、楽しむだけでいいのです。本当にそれだけです。

 

研究とか、堅苦しいことをしている人は、多少なりともそうした観点から物事を見る癖がついていますから、いい面と悪い面両方を持っています。他人の趣味に懐疑的になってみたり、自分の発見に没頭したりと様々です。要は楽しいかどうか。心揺さぶられるものがいいです。

 

10年前に発売されたゲームを、今だに遊んでいたって、それが副鼻腔を吐く結果につながるのなら、それでいいんです。楽しければいいんです。人間楽しくないことをしていても意味がない。しかし、何を楽しいとするかどうかは、夫婦間でさえ、全く違います。

 

機密事項を抱えている人に、ダイエットだと言って趣味を押し付けても、煙たがられるだけです。そこは分かってあげた上で、あるんだろうけれど、と諭すのです。生活の質が向上するのですよ。金には負けるかもしれないけれど、それに次ぐくらいの価値はあるでしょう。

 

だって楽しいんだから。具体的には、趣味を楽しみ、考える結果が反映されるものがいいですね。サッカー観戦もいいですが、なんならプレーできないものでしょうか。スポーツ新聞で結果だけ確認するよりいいですが。プロセスを楽しみましょう。

 

楽しいことに異常性がある場合、ちょっと厳しいです。ですが、はみ出していない限り、いや、少しくらいはみ出しているくらいが、ちょうどいいです。とことん楽しめない場合、しかと考えましょうよ。自己カウンセリングは苦しい洗脳が解けるプロセスになってしまいがちですから、誰かに付き添ってもらうのが一番でしょう。

 

楽しくても、迷惑をかけてはいけませんね。それはそうでしょう。このブログにこう書いてあったから、君に触ったというのはちょっと無理があるでしょう。気を付けてください。