読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエットに挑戦しませんか?

痩せる。それこそは日常をより幸せにする素敵な方法

ダイエットお休み中

ダイエットを休む期間があっても、そのことをノートに書いてさえいれば、まったく問題ないと思います。休むといえども、何もしないだけであって、別にたらふく食べるとかではない方がいいですね。ダイエットにも休息は必要です。人間の体はそうした意味で、あまり丈夫ではありません。個人差はありますが。

 

愉しむためには、休息は欠かせません。この休息期間をいかに過ごすか、これが大切になってきます。リラックスに努め、お菓子は依然として控えめに、運動は休みとか、このくらい減らすとか、個人個人で決めましょう。問題は、ダイエットの休暇が、そのまま、ダイエットの終了になりかねないことです。

 

そんなとき、どうするか。ノートを読み返し、体重を測り、再びダイエットのモチベーションを高めるべく、我慢した記憶をたどり、記録をたどり、アクティブな自分を取り戻さなければなりません。

 

楽しんでダイエットする。ここが楽しかったと記録する。ここがきつかったと記録する。そうしてダイエットノートの項目を、毎日同じではなく、記入していくのです。人によっては、ダイエットノートなんて見たくもないとなりがちですが、そうならないように、好きなことでノートを埋めましょう。

 

ダイエットは、幅広い広がりが期待できます。どんなダイエット法も、最低限効果があるものです。ですが、リスクを考える必要があります。暑いダイエット。食べたくなるダイエット。根性のいるダイエット。好きなダイエット法を探し、リストアップして、それを行うようにしましょう。お勧めは、食べるダイエット。

 

食べて痩せられたら、こんなに楽しいことはないでしょうね。ですから、楽しむダイエットをするために、最低限食べたい物をリストアップしましょう。そして、揚げ物とか、脂っこいものとか、そうしたものを優先順位から取り除くのです。ご飯でも太りますが、成長期の人は容赦なく食べたほうがいいみたいです。

 

ダイエットをするには、野菜を摂り、そのために美味しく調理しましょう。最近は野菜の調理法も多様化し、スーパーに行くだけで、様々な料理の元が売っています。塩っ辛いのは避けて、辛めの調理を心掛け、代謝を促してみるのもいいですね。ダイエット休暇中も、食べるなら野菜と決めてかかるのがいいかもしれません。

 

ダイエットを心掛けるのであれば、身長とのバランスが大切です。身長が高ければ、少しくらい体重があったところでどうということはありません。元々の体形も重要です。骨太の方は痩せにくいですから。これは仕方ないと諦めるしかないですね。血糖値だけ注意しましょう。