ダイエットに挑戦しませんか?

痩せる。それこそは日常をより幸せにする素敵な方法

誰だってダイエットしたい

誰だって、痩せた体でいたいでしょう。中には美しい肉付きの女性もいますが、大半の人はブクブクと、いやいや。痩せたい人は一緒に頑張っている人がいるんだ、というモチベーションを育むことから始めましょう。これがモチベーションとなるのは、時間もかかるしなかなか実感しづらいです。一言で駄目になったりします。ですから。

 

しっかりとした中身を持った一緒に頑張っている感を感じましょう。体重が減っている。あの人も頑張っている。それでいいではないですか。体重を気にしている。だから痩せる努力をしている。それでいいのです。食べている人の言葉は、あまり参考にはなりませんよ。太っているけれど食べたいのは、甘えではないですけれどね。

 

人間は、長い間貧弱な食料しか摂取して来なかったとされています。本当に満腹感を得られるのはこの数百年、日本人に限って言えば数十年といったところではないでしょうか。ですから、太るのはある意味で当然なのです。外国の人の方が腸は長く、栄養に変えやすいとかあるでしょうけれど。要するに、本能と戦わなければならないのです。

 

どうしてそんな敵と、強力な敵と戦うことができるでしょうか。自分との戦いですが、ままそれに勝利する存在がいることは事実です。この結果を受け止めると、どういうことが言えるのか。我々にもできるのではないか、ということなのです。先日14キロ痩せましたが、その後1キロ太りました。つまり13キロ痩せに止まったわけです。

 

反省材料が見当たらない、というのが正直なところです。どう考えても原因が分からないのです。ちゃんとゼロカロリー中心のジュースを飲み続けているのですが、どうしたことでしょうか。食生活はこれといって変わっていないのですが、悩んでしまいます。こんな時は、ノートを読み返すことにしています。何かヒントはないものかと。

 

今回ばかりは、冬が終わったせいで、思うように痩せなくなったと思うしかなさそうです。冬の間は痩せると言われています。体温を維持するのに、我々が想像している以上のカロリーを使うのだそうです。しかし、このままではまた太ってしまうではないですか。夏になれば、飲み物をがぶ飲みする姿が容易に想像できます。まずいのです。

 

どうしようと考えてしまいます。ですが、やはり食生活を改めて見直すことにしました。結果、大して食べ過ぎていないことが分かったものの、少し濃いめのカルピスを飲みすぎていることに気づきました。これをゼロカロリーに変えることにして、また様子を見てみようと思っています。炭酸飲料を止めることだけは避けたいからです。

戻った体重

ダイエットを始めて1年近くが経過します。この間も時折は本来の大食漢ぶりを見せてきました。ですが、ここにきて体重が急上昇です。多分野菜だからいいと思って食べ過ぎたのが原因だと思うのですが、体重が1キロ以上増です。その日のうちに大を済ませても400グラムしか減らずにいました。ですが、これは基準にはなりませんね。

 

大をしたから減った分測定時の体重から減らしておくというのは、ちょっと邪道なような気がします。生活のリズムを保ってこその体重測定の数値ですから。ですがこれはそうなりがちな部分もあるので、楽しめる方法がいいかもしれませんね。ダイエットを続けられる最善を目指して、みんなして頑張りましょう。頑張るというのはダメですか。

 

楽しんでダイエットをするのがどういうことか。これは人それぞれ違います。ノート一冊用意するくらいはしてもいいのでは、と思いますがどうでしょうか。自分の傾向を考える上で、客観視できるノートはいいものです。常に持ち歩けるとか、バッテリー浪費のリスクがないのもいい点ですよね。iPadがいいならそれでもいいですが。

 

健康状態や運動量を測定できる機械を持っている人はいいですね。スマートウォッチなどあると、非常に重宝します。買えるとしても、充電のリスクはあるでしょうね。何年持つのとか考えると、色々ありますが、最も楽しめる決断を後悔しないように、よく考えておきましょう。僕はというと、スマートウォッチの類には手が出ないかな。

 

記録術を駆使すれば、代わりにはなるでしょう。体重を測定する頻度とか、そうしたことを明文化し、あとはシステムを作り上げるのです。システムとは、仕組みのことです。食べた後に体重を測るのは、効果的ではありませんか。食べないで済ませる方法はないので、抑制する作業になるかもしれませんね。ストレスは過食になるので注意。

 

僕はというと、過食と我慢を繰り返して、少しずつ体重を減らしてきました。途中体調不良などもあったのですが、めげずに頑張っています。朝起きれるようになりましたね。これは大きかったです。このことだけでも、ダイエットした甲斐がありましたよ。生活習慣というのは、こうして変わっていくものなのだなと思いましたね。ええ。

 

努力は、何らかの形で報われるはずです。脳や体が黙ってはいないのです。それが外向きに作用すれば、何かしらのいいことが起きます。体重が減るとか。夏に涼しいとか。あるでしょうか?多分涼しいでしょう。今年の夏は。冷夏ではないでしょうが。

ダイエットしましょう

僕はといえば、相変わらずスナック菓子をやめて、1年以上が経過しています。その間、食べたいと思った時はあったのですが、そこはぐっとこらえて、ダイエットに終わりはないと思って、ずっと続けられる暮らしをテーマにしてきました。ずっと続けられる暮らしこそ、ダイエットの肝です。ああ、ダイエット終了ではちょっとね。

 

ダイエットは楽しむものです。努力した成果を噛みしめる、太った人間にしか味わえない醍醐味といってもいいでしょう。僕は13キロ痩せましたが、そこまでは10ヶ月以上をかけました。それでいいと思っています。ただし、運動している人とかは体調管理が非常に難しいですよね。本気でプロを目指している、というスポーツ選手とか。

 

そういう方は、どうすればいいのでしょうか。緻密に作り上げることが大事だと思います。これは大事というノートを一冊作り上げて、時折読み返すノートとする。自分の体のことがびっしりと書いている。そんなノートです。パフォーマンスと食事の関係とか、体重と食事の関係、トレーニング負荷をかけること。そうしたことが難しいです。

 

ですが、本気でプロを目指していらっしゃる方には、僕の助言など不要でしょうね。ノートを作り上げることくらい、学ぶでしょうから。大切なのは楽しむことです。楽しむことこそ明日への活力と信じて疑わないことですね。机上の空論になってしまいますが、僕が何かを成し遂げたわけではないですからね。指針を持つことくらいしか。

 

実績があれば、もっと言えるんですけれどね。レジェンドのようなレベルなら、みんな耳を傾けるでしょうし。楽しんでできないことも、割り切って行う必要があるときがありますよね。これをどうするのか。考える必要はありますね。なんでも好きになるのが人間の特性でもありますけれどね。だんだん楽しさが分かってくる。そうですね。

 

だから、周りの人がしていることは、積極的に取り入れてみるのもいいかもしれないですね。少し回り道をしてしまうかもしれませんが、それは必要なことなのかもしれないですよ。これは自分には合わないなと思ったら、やめるといいとよく言います。それでも、何かしらを続ける必要はあるでしょうね。どれかが有用であるとすると、続ける。

 

例えば、水だけダイエット。これは実際のところ、僕には無理ですね。だからゼロカロリーにコーラを変えました。そして味わっています。それが一番かもしれないです。

誰も読まないダイエットブログからの脱却

ダイエットのことを書くのをやめて、ざっくり全体を書こうかなあ。そんな風に思っております。『論文作法』は、大人のたしなみとして読むのに適していますよ。まあ、パラグラフライティングの記述はほとんど皆無ですが、読んでいて楽しめることは確かです。引用の方式は日本のものと違うイタリア式ですけれど。70年代の作です。

 

ウンベルト・エコによる作です。一番ためになるのは、個人的には研究について書かれた箇所が一番好きです。ああいったことが面白いんです。とことんまで興味をそそられる内容になっています。コンピュータを使って、『フーコーの振り子』を書いたとされています。コンピュータの小説ではないらしんですけれど。記号論学者です。

 

だから、文章の手練手管に関しては、随一だったんですよね。まあ、『バラの名前』を読んでもよく分からなかったけれど。最低でも4つのレベルの読み方ができるように、細工してあるというんですね。自分はというと、迷宮に迷い込んでしまって、どうすることもできなかったのですが。読書経験の必要とされる内容なんでしょうね。

 

あとは、サッカーが好きですね。ミランユベントスは芸術と思わせるような一戦があったのですが、相手の手の内を知り尽くし、互いに出方を伺う展開から、隙を伺う。今度のワールドカップにイタリアが出られないのは残念ですが、勝ち点3制度の弊害がここにきてしわ寄せになったとか。自論ですけれどね。94年も苦労してましたよ。

 

ダイエットに関しては、13キロ痩せてからというものは、停滞気味です。体重はまだあるのですが、もともと体が思っていたより大きくなっているらしいのです。太っているとかではなく、骨量とか、そうした部分です。骨格も大きめですが、169センチしかない男性なんですね。これはどういうことでしょうか。素振りが大きかったか。

 

高校時代に、ヘルニアを発症しました。随分と痛かったというか、息苦しかったですね。呼吸を考えずにバットスイングしていましたから。服鼻腔ダイエットでいうと、ずいぶん吐いた方ですが、骨量が増えると、基本的な体重も増えますしね。まあ、よくサボったりしたものですが。イタリアは好きですね。サッカーと料理と、エコが好き。

 

記号論入門』欲しいですね。ソフトバンクのキャッシュバックがあったら買おうかな。本人が故人なので、早く手に入れないと。古書でしか手に入らなくなってしまいますからね。ではまたな。

どうでもよくないダイエット

ダイエットは難しいですよね。自分との戦いですから。他人が食べているよそで、ダイエットしなきゃあいけません。これがいいんです。鍛えられるから。このことを楽しむのが、ダイエットの醍醐味かもしれませんよ。結局のところ、誰も助けてくれないわけですしね。サバイバル的な要素まである。ダイエットで死にかけた話もありますか。

 

ダイエットで死にかける人、いますよね。なんとかという食べ物が胃の中で膨らむから、口の中で膨らましちゃって、呼吸困難になったとか、そんな話。マジで死ぬかと思ったらしいですが、今はそんなことないですよね。とにかく、40キロ以下は女じゃねえ。食べて、食べて、時々ダイエットすることです。これが一番ですよ。

 

脳の栄養素は炭水化物からのブドウ糖しかないそうですね。つまり、絶食ダイエットは、思考力の低下を招くそうですよ。そう考えると、ちょっとねえ。食べながら痩せるのが一番で、食事とのコラボでダイエットを考えましょうね。基本的にそうした方がいいみたいですよ。そうしないと、認知症とかのリスクも絶対に高まりますしね。

 

ダイエットはやばいっしょ。きちんと考えてしないと。あなたの脂肪分、本当に余分ですか。ダイエットいるか?とまず自分に、しかと言い聞かせることでしょうか。そこが折れると難しくなるでしょう。最初の最初にダイエットしている意味を自分に問うことになった時、最も苦しい時の自分にかける言葉を探しておきましょう。難しいですね。

 

あいつより痩せる。当該のライバルがいるのが一番ですよね。ですが、体重でサバを読まれていないかとか、言葉に振り回されないか、考えるべきでしょう。モチベーションをしっかり持って幸せダイエット。健康のために痩せざるを得ない人以外は、痩せる必要なし、と断言できるでしょう。BMIの算出方法くらいは、ネットで検索して。

 

肥満度を数値化していることですよ。最近はどうか分かりませんが、この数値を重視するんですよ。医療の現場ではそうですね。この数値がこれくらいになっているから、云々という話になるはずです。換言すれば、医者にかからない限り、ダイエットはそんなに必要ないと言えるかもしれませんね。健康食を食べている限りの話ですが。

 

普段から、食材の選択には気をつけましょう。僕なんて、スナック菓子をやめてどのくらいか覚えていないくらい食べていませんよ。この僕ができるんですよ。85キロが72キロまで痩せたんですよ(?)。もっと痩せるつもりです。ではまた。

ダイエットも仕方が肝心

ダイエットしたいみなさんもいるでしょう。中にはそうした人の中に、無理なダイエットをしようとしている人がいるかもしれませんね。数値目標の落とし穴について、考えてみませんか。数字は、操るもの。操られる側に回ってはいけません。効果的に数字に向き合うためには、想定外を減らしましょう。どのくらい、自分とはできるものか。

 

これを冷静に考えると、どのくらいかは想像がつきますね。例えば、3食のほか、おやつも食べたい、ビールも飲む。当然おつまみも、となると、それを計算に入れた食生活をしなければいけませんよね。全てほどほどにしましょう。右肩下がりを目指しましょう。レッツ右肩下がり。僕なんて、12キロ痩せましたが8ヶ月以上かけましたよ。

 

これでいいんです。このペースですよ。学生の皆さんなら、来年再来年以降の卒業までにしておけばいいダイエット。しかし、学生さんなら、無理なダイエットは控えめに。量は減らさず、物を変えるしかないですね。カップラーメンを野菜に変えてしまうとかですよ。親に食べ過ぎてるといえば、少しは相談に乗ってくれるでしょうしね。

 

楽しみに思う体重計のタイミングってありますよね。毎日は経験上ではきついですね。それよりも週一とかの方がいいでしょう。せいぜい週に一度乗り、記録を取るなら取ると決める。以外と忘れないものですよね。ですけれど記録に残すと、やっぱり違いますよ。ノートをとることくらいしましょう。それも専用のノートを使うのです。

 

売っているものを、ダイエットノートとしてあてがい、それ以外のことには使わないようにしましょうね。それが一番ではないでしょうか。なんでも書くノートがあるという人は、色を使うことで分けるとか。体重の書いた場所をノートで探すというのはどうでしょうか。合理的ではないですよね。楽をしていいんです。無駄は省きましょう。

 

楽しんでダイエットするには、継続が一番ですね。継続できるダイエットがあるという方は、武器を見つけたことになります。すごい武器ですね。楽しめるのが一番です。楽しめるダイエットなんてあるの?という方は、好き放題しましょう。ですが、様々なダイエットに浮気するよりは、一つの道を極めた方がいいかもしれませんね。

 

最後になりますが、この記録が最良だなんて言いません。もっといいダイエットブログを僕は知っています。最高のサイトに巡り会えたら、なんだか素敵な気分ですよね。トライすることを忘れずに。では。

こんにちはダイエット

皆さん、性懲りも無くダイエットブログを書いている私ですが、読んで楽しめること請け合いです。なぜなら、ほとんど情報がないから。娯楽性で勝負しますよ。ダイエットといっても、特別なことをする必要はなく、日常生活が少し野暮になるだけ。10キロをひと月で減らそうとすると、必ず無理が生じます。無理ななさらぬように。

 

ひと月で3キロ痩せられたら、まだいい方ではないでしょうか。その気になればそのくらいは痩せられます。金欠がダイエット効果を生むという、まさかの話がありますが、食が細くなり、食事にお金を十分かけられないのだから、ある意味当然でしょう。しかしながら、無理難題はいけません。意図的に状況を作り出すのは続きませんからね。

 

ざっくりした言い方をすると、12キロを半年かけて痩せた僕に言わせれば、ダイエットに楽しみを見出し、そこを拡大すること。どんな楽しみか、どういうところが面白いか。あとは体重の推移を丁寧に見守ることですよ。まあ、僕にしてもまだ73キロあるわけで、目標は60キロ台ですから、先は長いんです。計画的に進みましょう。

 

プラン通りに行っているとか、行っていないとか、そうしたことをしましょう。それが駄目で、ダイエット効果が得られなかったら、何かしらの手を打ってみましょう。何かしらの手を打つ。つまり、低糖のコーヒーを無糖にし、どうしても飲みたくなったときだけ低頭を飲むとか、そんなようなことです。あとは知識を伝授しておきましょう。

 

食事のときは、少しでもいいから野菜から食べることがいいそうです。そして食事はよく噛むこと。清涼飲料水はなるべく避けて、普段はお茶や水、少量の人工甘味料で済ませること。粉末茶葉は少し味が薄いですが、スーパーで売っていて健康にもいいのでオススメかもしれません。繰り返しますが味は薄いです。濃いお茶も売っていますが。

 

楽しみを見つけることです。貯金とか、ゲームとか、そんなことでいいんですよ。僕の場合、お菓子は週一で、アイスを一本とか、そこにファミチキを加えるくらい。どうしてそうなったのかは不明ですが、やめると決めてやめました。最初はきつかったです。完全には今もやめれていません。もともと糖質依存の傾向がある僕です。どうなる。

 

自分が、食べることのどんな部分に魅力を感じているのか。それを精密に点検しましょう。まめにこうではないかと考えて、楽しみ、それの解決策でノートを埋めるくらいしましょう。ノート一冊なんて、買えるでしょういくら何でも。え、買えない?このブログはそうした人のためのものではないと思いますが。どうしよう。