ダイエットに挑戦しませんか?

痩せる。それこそは日常をより幸せにする素敵な方法

金欠ダイエットの真髄

みなさん、元気にしていますか。僕は元気です。自分語りばかりで恐縮ですが、今日もネタを持っていないので。どうすることもできないでしょう。このブログも一年以上、途中挫折しながら続けていますが、読んでくれていますか。楽しめてますか。そうでもないよという方も、安心して楽しめる記事作りを考えていきたいと思っています。

 

さて、どうでしょうか。痩せるということについて、苦手意識を持っているのではないでしょうか。これはどういうことなのか。つまり、面倒になっているのか。臆病になっているか。楽しめていないということは、いずれかだと思います。失敗体験があるのでしょう。この失敗体験を成功体験に変化させるには、ただ向き合うことでしょう。

 

ダイエットと向き合う。そこから逃げない。知っている存在で、鏡に映るのを極度に嫌っている者がいましたが、そんなところでしょうか。鏡を見ること。現実を直視することから始めてみてはいかがでしょうか。よく言われるじゃないですか。鏡に映った自分の姿に、唖然とした、とか。このようなことをきっかけに、決意を新たにするのです。

 

それは難しいことでしょうか。僕は78キロだった頃に、人に体重計を覗かれ、80キロだな、と言われて猛烈に腹が立ったことがあります。78キロと80キロを混同してもらっては困る、というわけです。ですが、そこから更に7キロ増えてから、ダイエットをスタートさせました。危機感がなかったのでしょうね。ダイエットのメリット。

 

メリットは、まず健康に近づくこと。肥満がもたらす難しい問題というのはいくつかあるみたいです。よくは調べていませんが、高血圧とか、糖尿病とか、様々なリスクを含んでいるらしいですね。そして、体の変調がなくなること。僕の場合、足が痛みましたね。痩せてからは、そんなこともなくなりました。73キロありますけれどね。

 

一緒と思うのは難しいこと、と認識するのが良さそうです。80キロだろうが、85キロだろうが、一緒だろうと。確かに外見では気づきにくいかもしれませんが、様々な違いがあります。手繰り寄せるようにして、体重を減らす努力をしましょう。それをブログに書くと、励みになります。おっと、ダイエット指南のブログですけれど。

 

そう、ダイエットは食べないこと中心で行くのが一番です。食事を何よりの楽しみにしている人は、ほかの楽しみを見つけましょう。食事、何それ、というくらいに没頭したことのある何かを、もう一度手に取ってみましょう。人間ですから、成長するはずです。味覚を鍛えるのではなく、ほかのことを伸ばすのです。

ダイエット見直し計画

ダイエットを見直そうと思っています。このところ毎週300g前後ずつ体重が増加していますので、自販機へのジュース購入に行くこと。これをまずやめました。これでカロリーをいくばくか、お金も少し浮いたわけです。更に、二人分食べていた昼食も減らし、一人前のカロリー重視策を敢行しようと考えています。どうなるのか。

 

あとは、ジュースですね。ゼロカロリーでは満足できない体質のようです。買いに行ってしまうんですよ。お菓子はあまり食べないけれど、ジュースはガブ飲み状態で、体重を減らすとは言えない生活を送っております。まあ、運動しないダイエットなんですけれどね。運動しないダイエットを考える上で、食事制限は必須ですからね。

 

おやつを食べないという特技、僕の持っている武器ですね。これを少し壊してしまったのですが、後悔と同時にもうしないぞ、という決意があります。40歳を過ぎ、大抵の物の味覚は把握しているつもりです。まあ、むちゃくちゃ美味しいものというのはあるのでしょうか。想像できませんね。スーパーで買える以上の味覚があるのか?と。

 

元来、胃が少しだけ普通の人より大きいんですね。少しだけ。そして、副鼻腔ダイエットというのをこのブログで以前紹介していました。どういうものかというと、副鼻腔を刺激すること。つまり脳内に知的刺激を与えて、体質を活性化させ、代謝を促すというものです。効果はあるのですが、先天的体質とも関わってきますね。考えました。

 

もう話すまい、書くまいと。検索でヒットしない以上、どうしても認知されないんですね。この考えに乗っ取ると、副鼻腔炎に等しい副鼻腔ダイエットは所詮、難しいのではないでしょうか。これは個人的には残念なことでもあるのです。感受性が鈍っていなければ、きっと役にたつダイエット法なのですが、成功事例がなさ過ぎたかなと。

 

それでもブログを続けるか、と思いますが、ブログを定期更新するのは完全に自己満足のレベルです。これをお読みになっていない方もいるでしょうし、信じない方もいるでしょう。この可能性を、自分に眠っている可能性を信じないなんて無茶苦茶だ、と思いつつ、誰にも相手にされないネタをいつまで続けていても仕方ないなと。

 

そう思った次第です。この結果を受けて、どうするのかを検討することもなく、ただ漠然と過ごしています。広告を貼りたいのですが、継続性がなくて、続けることができないのですよ。どうしようかな。誰も来ないし。これ秘密ね。

またしても太った

85キロあった時からの体重の減少がどれくらいかを計算し、ダイエットをすること1年弱。一時期71キロ台まで減るも、その後73キロ台まで太り、身長を考えるといわゆるあの二文字です。300グラムずつ週あたり増えるのですが、どうしてだろうと考えると、あれですよ。某ジュースのカロリーが高いんです。しかもまずいことに。

 

チョコレート菓子を購入してしまったのです。ほんの軽い気持ちでしたが、想像以上に甘くて美味しい。最高のテイストですね。やはりチョコレートは格が違う。ですが、そんなこと言っていられません。60キロ台になるまで、ダイエットは僕の中では終わらないのです。もう10ヶ月以上もダイエットを続けています。どうするのですか。

 

もちろん、金欠というのはあります。ですが、どうすることもできない部分はさておいて、運動をするしかないのでしょうか。運動をするというのは骨が折れるものです。況してや継続となると。例えばですが、一冊のノート作りも難しい僕なのですから、どうしようか。継続を可能とする方法は本屋に行って調べましたが、ピンと来ません。

 

自己啓発本を持っている人って、女性に嫌われるんだよなあ、と思いつつも、買うお金がない事実に気づきます。どうするのかですね。ですが、カロリーを気にしつつの生活も、もうこれだけ長引くと、やはりいっぺんに30キロくらい落とす計算をした方がいいのかな、と今更ながら思ってしまいます。難しいですね。さじ加減が。本当に。

 

自由にやっていいものだと思っていましたよ。それがそうではないと気づかされて、ある程度ペースアップしなければならないのですが、エネルギーの関係もあるでしょうし、2本のポカリは外せない。みなさんは真似しないでね。2本のポカリなんて、無理ですからね。きっと血液検査の結果はひどいことになるのでしょうし。

 

どうすればいいのかを検討している日々ですが、どうしようもない。やはりまたしても、食事量を減らす計算をすることにします。こうした、細かい決断をして行って、いまの僕があるのですが、手練手管レベルです。どうすることもできない部分があります。サッカーのシミュレーションゲームをしていてもです。細かい采配なんですよ。

 

センターバックの並びを左右逆にするとか、そんな程度のことしか采配を振るえない。ですが楽しいものですね。ブログって。誰も読まなくてもいいから書きたいと思ってしまう魅力がありますね。週一以下のペースですけれどね。ではまた。

増えたり減ったり

増えたり減ったりを繰り返している現状です。72キロと73キロを行ったり来たりですね。あまりよろしくないですよ。これまでは順調に体重を落としてきましたが、最近は閉塞感が漂ってます。今の食事制限ダイエットでは、10キロ程度減が限界なのかもしれませんね。あーあ、困ったものだ。食事制限はこれが限界です。

 

ここからは、運動を取り入れていくモチベーションについて考えるべきだと思っています。果たして、これまでの食事制限だけの暮らしから、運動をベースにしたダイエットをこなすことが、可能であるのかを検討していきたいと思っています。まず、運動した方がいいに決まっている点があります。そして、何を楽しむのかを考えることに。

 

僕の場合、体重の増減に一喜一憂してきましたから、体重の減少をモチベーションとすることにしました。ですが、そこは臨機応変に、あの服を着れるようになりたい、でもいいのではないでしょうか。要するに、難しいのはダイエットを継続することです。始めることも難しいですが、継続も苦しいですね。何か明確な目標があればいいので。

 

僕の場合、60キロ台を目指しています。その暁には、封印していたスナック菓子を購入し、食べようと思っています。この結果がどう働くのか、考えて見ます。現状では、食べる量はこれ以上調整できないと思っています。どうすることもできないですね。成長を見込んでいくのは、年齢的に難しいと思っています。43歳なのですよ。

 

応援しづらい、感情移入しづらい年齢と体重で申し訳ありません。セクシーさとは無縁でございます。ですが、運動をもう少しだけ考え直そうかと思っています。どうしてか。今までこの方法論で痩せてきたから、というのが答えです。確かに、この2ヶ月体重は変わっていません。ですがダイエットをスタートさせたときもそうでした。

 

体重が、ダイエットスタートから2ヶ月、変化なしだったのです。どうしようと悩んでいました。ブログを開設していたこともあり、すごく悩み、落ち込んでいました。励みになったのは、ブログでした。毎日続けているわけでも、読んでもらっているわけでもありませんが、こうして楽しむことができるのがいいと思うのです。大きいかも。

 

この結局のところ、体調が悪かったりして続けられなかったダイエットを、何が悪いかを考え直して続けようと思います。お菓子は食べていません。その代わり、食事は二人分のときも。これでしょうね。気をつけます。ではまた。

リバウンド王

リバウンドをした結果、合計12キロ痩せになりました。先日まで13キロ痩せだったのですが、そんなに甘くはないようです。原因は、何と言っても濃いめのカルピス。あれは美味しいですねえ。つい飲み過ぎてしまって、いつの間にか、体重が2週間で2キロ増です。それを1キロ戻してってややこしいですけれど、合計12キロ痩せ。

 

気合も立派な薬になります。ダイエット食品より効くかもしれませんね。ですが、食費とかに困っている人でなければ、ダイエット食品をお勧めしますよ。誰かが、デブはダイエット食品を3倍食べるとか言ってましたが、僕の場合、飲み物です。実際、おやつはほとんど食べません。そうして12キロ減に成功したのですよ。まあまあかな。

 

実際のところ、1年近くを要しました。別段運動をしているわけでもないし、食事制限だけでこれだけ痩せるんです。皆さん、一体どれだけサボっているんですか。よほど好きなお菓子でもあるんですか?なんとかなりますよ実際。気合。これですよ。お金持ちなら、コンテンツにお金を使うなり、貯金するなりって、よく言いますね。

 

僕は貧乏です。金持ち予定の貧乏人です。なんてね。金持ちになることはまずないでしょう。ですが、太っています。こんな不公平なことがあるのでしょうか。楽しんでテキストエディタを売っているくらいのものですが、誰に読ませるわけでもなし、文法的にも相当乱れながら、適当に打っています。まあ、楽しいですから。背中痛いけど。

 

痩せるには、よっしゃ、痩せようと思わなければいけません。ダイエットの本やなんかは、方法論もそうですが、僕も私も、と思わせるのに適しているのかもしれません。どうすることが痩せるのか、とされているのでしょうが、リスト作成は必要でしょう。ノートの一冊も作れないようでは、ダイエットは難しいです。相当なまってます。

 

忙しい最中に、ダイエットノートを完成させましょう。元々は美顔だったという方は良いチャンスです。痩せることで元に戻れるのだから。僕はブサイクに近いです。それでも、モチベーションを持って、痩せようと思いました。長所がないんですよ。本当のところ。40代になって痩せているくらいあってもいいでしょう。ですから。

 

皆さんも、モチベーションの核の部分を明確にしましょう。そうすることで立ち戻るべき箇所が生まれますよ。これが指針になるんですよ。苦しいとき、あいつの似顔絵でもいいでしょう。立ち戻るべき箇所ですよ。

誰だってダイエットしたい

誰だって、痩せた体でいたいでしょう。中には美しい肉付きの女性もいますが、大半の人はブクブクと、いやいや。痩せたい人は一緒に頑張っている人がいるんだ、というモチベーションを育むことから始めましょう。これがモチベーションとなるのは、時間もかかるしなかなか実感しづらいです。一言で駄目になったりします。ですから。

 

しっかりとした中身を持った一緒に頑張っている感を感じましょう。体重が減っている。あの人も頑張っている。それでいいではないですか。体重を気にしている。だから痩せる努力をしている。それでいいのです。食べている人の言葉は、あまり参考にはなりませんよ。太っているけれど食べたいのは、甘えではないですけれどね。

 

人間は、長い間貧弱な食料しか摂取して来なかったとされています。本当に満腹感を得られるのはこの数百年、日本人に限って言えば数十年といったところではないでしょうか。ですから、太るのはある意味で当然なのです。外国の人の方が腸は長く、栄養に変えやすいとかあるでしょうけれど。要するに、本能と戦わなければならないのです。

 

どうしてそんな敵と、強力な敵と戦うことができるでしょうか。自分との戦いですが、ままそれに勝利する存在がいることは事実です。この結果を受け止めると、どういうことが言えるのか。我々にもできるのではないか、ということなのです。先日14キロ痩せましたが、その後1キロ太りました。つまり13キロ痩せに止まったわけです。

 

反省材料が見当たらない、というのが正直なところです。どう考えても原因が分からないのです。ちゃんとゼロカロリー中心のジュースを飲み続けているのですが、どうしたことでしょうか。食生活はこれといって変わっていないのですが、悩んでしまいます。こんな時は、ノートを読み返すことにしています。何かヒントはないものかと。

 

今回ばかりは、冬が終わったせいで、思うように痩せなくなったと思うしかなさそうです。冬の間は痩せると言われています。体温を維持するのに、我々が想像している以上のカロリーを使うのだそうです。しかし、このままではまた太ってしまうではないですか。夏になれば、飲み物をがぶ飲みする姿が容易に想像できます。まずいのです。

 

どうしようと考えてしまいます。ですが、やはり食生活を改めて見直すことにしました。結果、大して食べ過ぎていないことが分かったものの、少し濃いめのカルピスを飲みすぎていることに気づきました。これをゼロカロリーに変えることにして、また様子を見てみようと思っています。炭酸飲料を止めることだけは避けたいからです。

戻った体重

ダイエットを始めて1年近くが経過します。この間も時折は本来の大食漢ぶりを見せてきました。ですが、ここにきて体重が急上昇です。多分野菜だからいいと思って食べ過ぎたのが原因だと思うのですが、体重が1キロ以上増です。その日のうちに大を済ませても400グラムしか減らずにいました。ですが、これは基準にはなりませんね。

 

大をしたから減った分測定時の体重から減らしておくというのは、ちょっと邪道なような気がします。生活のリズムを保ってこその体重測定の数値ですから。ですがこれはそうなりがちな部分もあるので、楽しめる方法がいいかもしれませんね。ダイエットを続けられる最善を目指して、みんなして頑張りましょう。頑張るというのはダメですか。

 

楽しんでダイエットをするのがどういうことか。これは人それぞれ違います。ノート一冊用意するくらいはしてもいいのでは、と思いますがどうでしょうか。自分の傾向を考える上で、客観視できるノートはいいものです。常に持ち歩けるとか、バッテリー浪費のリスクがないのもいい点ですよね。iPadがいいならそれでもいいですが。

 

健康状態や運動量を測定できる機械を持っている人はいいですね。スマートウォッチなどあると、非常に重宝します。買えるとしても、充電のリスクはあるでしょうね。何年持つのとか考えると、色々ありますが、最も楽しめる決断を後悔しないように、よく考えておきましょう。僕はというと、スマートウォッチの類には手が出ないかな。

 

記録術を駆使すれば、代わりにはなるでしょう。体重を測定する頻度とか、そうしたことを明文化し、あとはシステムを作り上げるのです。システムとは、仕組みのことです。食べた後に体重を測るのは、効果的ではありませんか。食べないで済ませる方法はないので、抑制する作業になるかもしれませんね。ストレスは過食になるので注意。

 

僕はというと、過食と我慢を繰り返して、少しずつ体重を減らしてきました。途中体調不良などもあったのですが、めげずに頑張っています。朝起きれるようになりましたね。これは大きかったです。このことだけでも、ダイエットした甲斐がありましたよ。生活習慣というのは、こうして変わっていくものなのだなと思いましたね。ええ。

 

努力は、何らかの形で報われるはずです。脳や体が黙ってはいないのです。それが外向きに作用すれば、何かしらのいいことが起きます。体重が減るとか。夏に涼しいとか。あるでしょうか?多分涼しいでしょう。今年の夏は。冷夏ではないでしょうが。